Skip to content

法人設立する際に必須な定款認証は電子定款がお勧め!

法人企業を新規に設立する際には、司法書士の先生に事務委託を行ったうえ、定款を作成してもらい、公証人役場に出向き認証していただく必要があります。

この定款認証ですが、以前は用紙に記載の上で、公証人役場に持ち込むことが求められましたが、現在は電子定款の形態での認証が認められており、電子定款が収納されたCD-ROMを公証人役場に持ち込むことで認証してもらうことができるようになったのです。

紙ベースで記載された定款と電子定款との違いは、コスト面に大きく違いが出てきます。紙ベースでの定款ですと課税文書の扱いとなることから、課税額ベースで4万円の開きが出てくるのです。

この4万円の印紙税の負担は相当に大きいといえます。会社は営利目的で設立されますから、営業活動で売上・収益を計上する前に、営業開始の前段階で、事務委託費等のコストが相応にかかりわけですが、そういった費用はできるだけ抑制したいと考えることは当然のことだといえるでしょう。

会社設立を考え始め、司法書士の先生に具体的な相談をする段階から、定款の作成にあたっては電子定款でお願いをする旨を明確に依頼するようにしましょう。また定款を作成し公証人役場に提出する際は、できるだけミスのないようにしなければなりません。

万が一修正する必要が生じた際は、かなりの手間にもなりますし公証人役場へ支払う事務手数料である大凡5万円程度の経費が2重にかかる可能性もありますから、ミスのないように十分に留意すべきです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です