Skip to content

電子定款を利用するメリットについて

定款を電子データで作成する事を電子定款と言います。

定款は会社の憲法、とても重要な書類などからも紙の定款を作成する時には1文字を丁寧に書く、漢字を正確に記述するなどが大切です。最近はパソコンを利用して仕事をする人が多いかと思われますが、パソコンを使って仕事をすると漢字を書く事が出来なくなると感じている人も多いのではないでしょうか。

昔は、手紙を書く時など辞書を片手に漢字を調べる、書類などの文書を作成する時も迷った時には辞書で調べて書いていたなどの経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

今の時代、キーボードで文字を入力する、変換キーを押せば候補がメニューに表示され、その中から選べば良いので辞書を使って調べなくても文書作成が出来る便利な時代です。

定款の中に記載する漢字は紙媒体であれば正しいものを記述しなければならない、忘れた時には調べながら定款を作成する必要があるわけです。

その点、電子定款はパソコンを使って定める事が出来るなどからも、字があまり得意ではないと感じている人でも立派な文書を作成出来る、重要な文書だからこそ電子定款を選びたいと感じている人も多いのではないでしょうか。

ちなみに、電子定款の場合は印紙税が不要になる関係からも、印紙代の4万円が要らなくなります。これは紙媒体との大きな違いでもあり、節約目的で電子定款を選ぶケースもあります。

但し、電子データの場合には電子署名が必要になる事を把握しておかなければなりません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *