Skip to content

電子定款を利用するメリットとデメリット

会社を新しく設立する時には定款を作る必要があります。

定款は紙で作成する事がほとんどでしたが最近では電子データで作る事もでき、電子定款と言われています。では電子定款のメリットは何かと言うと、4万円ほどかかる印紙税がかからないという点です。

一般的に定款や契約書など経済的取引に伴い作られる文書や書類には印紙税がかかります。しかし電子であればこの印紙税を納める必要がないので費用を抑える事が可能です。一方デメリットもあります。

自分で電子定款を作るにはその為に必要な機器やソフトを購入しなければなりません。平均して5万円前後かかってしまうので、せっかく印紙税で浮いたお金も帳消しになってしまう場合があります。すでに機器やソフトを所有している専門家の司法書士に作成依頼するという方法もありますが、それでも結局費用はかかってしまうので金額的にはあまり得はありません。

また認証を受ける為に公証役場に行く必要があるというのもデメリットです。電子なのでインターネットで送信すれば良いというものではないので、紙の定款と同じように直接出向かなければなりません。

そこで公証人と打ち合わせを行い申請を行い、認証を受ける必要があります。認証を受けた電子定款のデータ受け取りも、公証役場から連絡が来たら再び出向いてそこでCDやUSBメモリーに記録されて受け取ります。

インターネットでデータを受け取る事は出来ませんので注意が必要です。他にも一度申請した後に何か問題があっても訂正する事が出来ないという点も大きなデメリットです。

再申請しなおす必要があり、その場合はまた費用がかかってしまいます。このように電子定款にはメリットとデメリットの両方があるので自分でよく調べて納得してから利用する事が必要です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です