Skip to content

電子定款と代行業者について

会社設立をしようと考えているのであれば電子定款はメリットのある選択肢の1つになります。

しかしながらこの電子定款について詳しく調べていくと最終的には会社設立の手続きの代行について考えることになるでしょう。基本的な仕組みとして、個人で対応するのには手間のかかるものであると言う特徴があるのです。

これから会社設立をしようとする人が電子定款に興味関心を持つ理由の1つとしては、設立費用をかなり安く抑えることができると言う点が大きいといえます。ペーパーベースで提出する場合に比べて印紙税が数万円安いという、無視することができない額になるからです。

しかしながらこれを自分で対応しようとするとそれなりに必要な機材があると言うのが悩みどころなのです。この問題を解決してもらうことができるのが、会社設立を代行してくれる専門業者への委託と言うことになります。

安く仕上げたいと考える際に自分で問題を解決するというのが基本ですが、会社設立の手続きに関して言えばこの考え方は当てはまりません。

手続きを数万円安く収めることができる代行手続きを利用することによって初めて電子定款のメリットを最大限に生かすことができると言える現実がある以上、代行業者を利用しないと言う選択にメリットは無いのです。

条件にもよりますが自分で手続きをしても代行業者に委託しても必要となる費用が変わらないことすらあり得ます。そのような事情がありますので代行業者に手続きを委託して自分はビジネスモデルのブラッシュアップに時間を費やすということもできるのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です