Skip to content

電子定款のメリットとは

定款とは会社の運営の目的や会社の規約を記載したもので、会社を設立する時は定款を作成する事が必須です。

電子定款とは書類で作成する物と違って電子データ化された定款の事です。書類として作成される事が多かったものの電子化する事で様々なメリットがあるので、電子定款が認められてからは電子化する会社も多くなっています。

定款は作成してから認証を受けて提出する必要があってこれは電子化されている物もそれ以外でも同じです。電子定款はPDFファイルで提出されますが、認証を受ける為に必要な物がいくつかあります。

まずはマイナンバーカードと電子証明です。マイナンバーカードには電子証明が標準で搭載されていて、定款の証明に電子証明が必要なので、マイナンバーカードの申請をしてカードを発行したら自治体の窓口で電子証明の利用手続きをします。

カードを読み込むためのICカードリーダも必要でマイナンバーカードに対応している物を用意する必要があります。書類の定款と比べた時の電子定款のメリットは印紙が必要ないという事です。

印紙税法によって経済取引によって作成される文章は課税されるので、定款にも印紙代がかかって4万円の費用が必要になります。しかし電子化する事で印紙が必要なくなるので、印紙代の4万円が会社設立時に削減できます。

一つの会社の電子定款を作成する為だけに必要なソフトウェアや機器を用意していると逆に費用がかかる可能性があるので、司法書士などに依頼すると良いです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *