Skip to content

電子定款を作成する時の手順について

電子データで定款を作成する事と電子定款認証を受ける事は全く異なる作業になります。

一般的に電子定款と呼ぶものは電子署名を含めたもので、定款をパソコンで作成してPDFにしただけでは電子定款にはなりません。作成した文書の持ち主、もしくは作成した人が誰なのかを証明するためのものが電子署名であり、電子署名には電子証明書の交付を受けなければなりません。

電子データで定款を作る時には普段利用している文書作成用ソフトを使い定款を完成させます。次に、必要なソフトやハードウェア、住民基本台帳カードや電子証明書などを順番に取得します。

ちなみに、定款は電子定款にする前に公証人役場でチェックをして貰うと安心です。仮に、記載に誤りがあると訂正や再申請の手間が掛かるからです。チェックして貰った後は、定款をPDFに変換します。

PDFに変換するソフトはフリーのものでも構いませんが、現在電子署名のプラグインが利用出来るのはAdobeAcrobatのみになるので購入しておきましょう。また、ソフトウェアを買う時にはICカードリーダーも併せて用意しておくと良いでしょう。

PDFに電子署名を付ける時に必要となるのが住民基本台帳カードで、写真付きのカードの場合、電子証明書を発行して貰う際に、運転免許証の代わりとして利用する事が出来ます。

ICカードリーダーで住民基本台帳カードを読み取ると、電子署名が可能になり、PDFに署名を行った上で公証人役場へ電子認証手続きを開始する流れになります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *