Skip to content

定款認証を申請するには電子定款が断然有利です

法人設立を行う際においては通常であれば、司法書士の先生に相談をし、設立事務を委託していくことになるわけですが、気になるのはやはりコストがいかにかかるかということになるかと推測します。

営利獲得を目的とする法人の設立に於いては、定款に事業の目的を詳細に記載し、公証人役場にて認証手続きを行うことが必須になるのですが、事務的手続きにもコストがかかるので、どの費用が節約が可能か調べあげ必要最小限のコストにて法人を立ち上げしていきたいと考えるのは当然のことでしょう。

以前は定款認証を受けるためには、紙製の定款を作成し公証人役場に持込しなければなりませんでしたが、役場への提出にあたり、PDF化された電子定款でも提出が認められるようになったのです。

電子定款が認められたことはコスト面において影響が大きく、紙製の定款を提出するのであれば、文書にかかわる印紙税として4万円の納付が必要であり、電子媒体での提出を選択すると印紙税はかからない、この差はかなり大きいのです。

電子定款はいったん申請しますと、訂正や再申請に手間がかかり非常に面倒なことになってしまいます。約5万円かかる申請手数料が、再度かかることにもなりかねませんから、慎重にミスがないように作成するべきです。

公証人役場では定款の内容を事前にチェックしてくれますから、その機会を利用してプロの目で入念にチェックしてもらったほうがよいと考えます。会社設立時の事務面からつまづかないよう細心の注意をもって対応していきたいものです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *