Skip to content

会社設立の代行とその前にすること

会社設立の代行を依頼する前に確認をする必要があります。

そもそも何の事業を行うのかによって定款やその後の登記申請が変わりますので、事業を明確化することが大事です。このときその事業が役所からの許認可が必要なものについては注意を要します。

特に福祉関係と建設関係などで事前の相談が必須の場合があります。会社設立では必ず行うこととして定款の作成と登記申請があり、この中には事業を明確にうたう条文が入りますので代行を依頼する前にこの条文の言葉などをしっかりと確認することが必要となります。

なおその文字文言として適当名ものが何かなどのアドバイスは許認可を行う行政機関主には市町村や都道府県庁の出先事務所側で把握していますので、まずは説明を聞きにいくことからスタートです。

定款や登記の内容で問題が無いことを確認したら正式な申請に移りますが、時間がかかったりあるいは提出先からの呼び出しや疑義照会が入るなど他にしなければならないことのさなかに連絡が入る場合も多いです。

したがって会社設立そのものに関する手続きの代行を依頼してしまえば、こうした対応も一任してしまうことになり結果として楽になると言えます。定款の作成やその後の登記申請などは初めて見るようなことばかりで戸惑うことも多いです。

そのため専門家に依頼してしまって対応を一任すれば、その後の諸事が楽になり事業開始がスムーズに行きやすくなりますので、考慮の余地があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *