Skip to content

会社設立の代行を利用してコストを節約

会社設立のときには、4種類の会社のタイプがあることを知っておきましょう。

株式会社が最も有名であり、信用がありますが、持分会社という会社形態もあります。持分会社には合同会社、合資会社、合名会社の3種類があります。

有限会社というものがありましたが、会社法が改正されてなくなりました。しかし、会社法が改正される前に有限会社だった会社は、そのまま有限会社を名乗っていることもあります。会社のタイプによって会社設立にかかるコストも異なります。

基本的には固定のコストがかかるので、節約することはできません。しかし、紙の定款を電子定款に変えることで、コストを節約するという方法ならあります。紙の定款には収入印紙代が4万円かかりますが、電子のほうなら印紙代がかかりません。

電子定款を作成するときにハードルとなるのが、専用の機器やPDFソフトの準備です。これらの機器やソフトを用意するためには8万円程度がかかるので、それならば紙の定款を作成しておいたほうがコストが節約できるということになってしまいます。

そのようなときには、会社設立の代行会社がおすすめです。代行会社にかかる手数料は会社によりますが、2、000円~1万円程度で依頼を受けてくれます。

格安の会社なら2、000円程度です。単純に印紙代の4万円が節約できるので、代行会社に支払う手数料が2、000円なら38、000円の節約になります。さらに、手間と時間まで節約できるのですから、利用しない手はありません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *