Skip to content

会社設立と経費などの費用の取り扱い

個人事業主が会社設立を行う目的の一つとして経費の取り扱いがあります。

経費は事業を行う上で必要不可欠な費用と言う定義を持ちます。

経費は税金を節約する時に有利になるもので、より多くの経費を計上出来れば税金の納税額が減るメリットに繋がって来ます。

一般的に、個人事業主は経費として認めて貰える範囲が狭くなるため、税金を多く納めなければならない、その点、法人の場合は認めて貰える範囲が広くなるので、会社設立を行えば納める税額が減るメリットに繋がると考える人が多いわけです。

これは会社設立を行う事で節税効果が期待出来る方法として有利なものではありますが、経費として認めて貰える範囲が広くなるので会社設立を行うと言う考え方はあまり良いものではないとも言われています。

その理由は、会社組織にすると個人事業主の時には発生しなかった住民税や社会保険料などの支払いが生じる、金銭的なコストは個人事業主よりも多くなるからなのです。

もちろん、これらの費用が発生する事を把握した上で会社を立ち上げる場合には安心かと思われますが、会社を立ち上げた途端、色々な費用が発生してしまい、経費の範囲が広くなる反面、色々な会社設立の費用の支払いが生じてしまう、赤字経営になってしまうなどのデメリットを感じるケースもゼロではありません。

会社を立ち上げるためには一定額の費用で可能になっても、立ち上げた後に掛かるお金がどれだけ必要になるのかを把握しておく事はとても大切なポイントと言えましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です