Skip to content

会社設立にかかる費用はいくらなのか

会社設立を未だに経験したことがない方は、どのくらいの費用が必要になるか不安になることもあるでしょう。

あらかじめ費用面の負担を知っておくことで、計画的にお金の準備を整えておくことが可能になります。

まず、会社を設立するには各手続きは必要になりますが、その際に必ず持ち合わせなければならないのが、会社の印鑑の作成です。会社名を決定してから印鑑を発注することになりますが、価格帯は15000円から30000円程度のものが最適と言えます。

印鑑作成が終わったら定款認証を行うことになりますが、その際の印鑑証明書の取得や収入印紙の購入、定款認証手数料、定款の謄本交付手数料がかかります。

これらの費用は平均すると92000円前後です。登記申請も会社設立の際に必須となりますが登録免許税として150000円かかり、法務局の収入印紙窓口で一括現金払いが前提で、かつ登記簿謄本等発行手数料の3450円が同時に支払います。

これらをまとめると、約250000円前後の費用が必要になるのがお分かりになるはずです。

ちなみに、株式会社と合同会社での会社設立でも登録免許税にかかる費用が違いますが、上記で述べた登記申請は株式会社の設立で資本金から0.7%をかけた金額が必要となり、最低金額が150000円となっています。合同会社の設立なら0.7%をかけた金額が必要で、最低金額が60000円を用意しなければなりません。会社設立は、このような内訳になっているので、あらかじめ知っておくことも大切なことです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *