Skip to content

会社設立の費用の削減を考えよう

会社を設立すること、すなわち起業については様々なコストがかかるわけですが、会社設立のビジョンを考えること、このことについては費用的なものは発生しません。

起業に関わるアイデアをひねり出すことに関してはまったく費用がかかることはなく、じっくりと時間をかけて企業のビジョンを考えていくことは非常に大切です。

そのビジョンに基づき企業が取り組む業務の範囲、資本の出し手、企業の名称を紙に書きだし法務局に登記すること、この事務を専門家に、多くの場合は司法書士へ委託するときに費用が発生するのです。

会社設立をする際に避けては通れないのが会社の業務内容や出資者の名前、取締役の名前を記載した定款を認証してもらうことなのですが、定款を認証してもらうためには専門家の助言が不可欠といえます。

この事務部分については省略できません。法人名で銀行口座を開設しようとした場合、商業登記簿謄本の提出が義務づけられているためです。司法書士事務所に委託する会社設立事務手数料は概ね20万円程度だと云われています。

このコストを税金面から抑制することができるのですが、定款の認証を電子認証の形で申請してもらうことにより、4万円のコスト削減(印紙代の軽減)を実現することが可能となります。

司法書士へ会社設立事務を依頼する際には、定款は電子認証でお願いしたいということは明確なことばで、はっきりと伝えておけばコストダウンにつながりますから対応をお願いしておくべきでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *