Skip to content

会社設立だけでなく運営費用も把握する

会社設立により経費の範囲が広くなる、広くなると節税効果を期待出来るため会社設立を考える人が多くなるなどの社会的な現象が見受けられます。

実際に、個人事業主が会社設立を行った所、経費として認めて貰える範囲が広くなり
、納めなければならない税金を減らせた人も多数いるかと思われますが、中には経費以外の費用が多く発生してしまい、赤字経営になるケースも少なくありません。

経費として認めて貰える範囲が広くなるだけで設立を行うと、逆に他の費用が多く掛かり過ぎてしまって経営が困難になる事もあるわけです。

そのため、設立後の運営計画をしっかりと作っておかなければなりません。会社の規模が多くなればなるほど、専門家への相談が必要になります。例えば、司法書士を初め税理士や社会保険労務士などの力が必要になるシーンもあります。専門家への相談や業務の依頼などには多くの費用が必要になる、相談するだけでも多くの経費が掛かる事になるなど、会社組織になると節税が出来る反面、他の費用が掛かるので個人事業主のままでビジネスを続ける人もゼロではないのです。

金銭的なコストは設立登記の段階でも掛かる事になります。定款の公証人役場での認証手数料、代行会社に依頼をした時の報酬、登録免許税や資本金の払い込みなど、様々な場面で現金が必要になります。

但し、これらの支払いは設立登記を行う時だけのもの、会社経営の中で必要な税務相談などはその都度掛かる事になるわけです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です