Skip to content

会社設立の手続きと費用を知っておく

自分の好きな仕事をするために、会社勤めを辞めて会社設立を検討している人もいますが、実際に会社を辞めて会社設立をするときの手続きの流れや必要となる最低限の費用などをしっかりと把握しておくことが重要となります。

しっかりとした準備をした上で、会社を辞めて独立すれば事業のスタートで躓いてしまうこともないでしょう。会社設立をする際には、まずは会社定款を作成することが必要となります。

会社定款作成は自分で作業を行えば費用は掛かりませんが、外注して作成してもらう場合には、作成費用を用意しておくことが必要です。会社定款作成業務を行っている会社などに問い合わせれば、作成の際に必要な報酬額などを知ることができるでしょう。

定款作成後はその定款を公証人に認証してもらうこととなり、認証のための手数料が必要となります。電子定款ではなく紙の定款を作成した時には印紙税も必要になってきます。

定款作成が終わった後は、会社設立登記申請をすることとなりますが、登記申請の際には登録免許税を納めることとなります。登録免許税は最低15万円は用意するとなるので、割と大きな出費となってしまいます。

自分で会社設立登記申請を行うこともできますが、手続きが煩雑であり、手戻りの恐れもあるので、司法書士などの専門家に手続きを依頼したほうがスムーズに登記を勧めることが可能です。

登記完了後は会社で使用するパソコンなどの備品を用意することとなり、さらに会社設立の費用が掛かってくることでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です