Skip to content

会社設立にかかる費用は?

会社設立と聞くと大がかりな、費用も莫大な金額がかかるように思いますが実は会社設立のためにかかる費用はさほど高くないのです。

結論からいうと、株式会社には200.300円、合同会社は60.000円から作ることが可能です。昔よく耳にした有限会社というものは平成18年5月以降に新会社法が施行されたことにより作ることはできなくなりました。

その代りに合同会社というものができたのです。合同会社とは出資者の少ない個人経営に適しています。設立してしまえば、税金などは変わらないので合同会社のほうがお得です。

合同会社のメリットとして挙げられるのはまず一番に設立費用が安いことが挙げられます。トータル約14万円ほどで設立でき、株式会社には決算公告の義務があるのに対し決算公告の義務がありません。

役員の任期もないので更新手続きも必要ないです。剰余金の分配制度もありません。ただ、上記で記載した通り設立後の税金は同じです。とてもメリット豊富なため、新たに会社設立を検討している人はしっかり勉強することが重要です。

有力企業もどんどん合同会社に移行していてメジャーなものにかわりつつあります。それでもまだ、合同会社の知名度が高くないため会社の名前を看板にしているところは株式会社のほうが適しています。

あとは、株式会社は経営者と所有者が別々だということが大前提です。所有者は株主と呼ばれる一般の人たちです。このように会社設立のために必要な費用は株式会社も合同会社もさほど高くありません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です