Skip to content

会社設立に要する費用

会社設立にはある程度の費用がかかります。

これは会社設立された法人としての登記に要する費用のことで、この登記により会社という組織、つまり法人として様々な事柄が可能になります。

いろいろな意味で、とくに小規模な会社の場合、法人の代表としての代表者、社長と、法人という会社組織全体とは不可分のことも多いでしょうが、厳密な意味では両者は明らかに別の存在であり、区別しなければなりません。

会社設立とは、つまりは代表者個人としてではなく、会社組織全体として何か事にあたったほうが良いと考えられる場合に行われるという言い方も可能です。

ですが、間違えてはいけないのは、会社を設立しないと何らかの商売、事業運営などを行うことはできないのか、行ってはならないと決められているのかというとそんなことはないということです。

設立には費用がかかるわけで、そのお金を節約したければ別に会社など作らなくても構いません。実際、会社など作らなくても会社で行われているような内容の仕事、商売をしている人は世の中にはいくらでもいます。

個人事業主と呼ばれるような人たちがそれに当たります。そこまで本格的なものでなくても、例えば会社員であってもインターネットを利用して何らかの副業をして収入を得たりしている人もいるでしょう。

これはたとえ小遣い程度の収入であっても立派な事業であるということも可能ですが、別に会社を作った上で行っているわけではないでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *