Skip to content

会社設立時の費用とは

会社設立時にはそれなりの費用がかかります。

これは数十万円程度のお金ですから、さほどびっくりするようなものではないかもしれませんが、かといって非常に簡単に支払えるようなものでもないでしょう。

ここで知っておいたほうが良いこととしては、何か商売をする、どこか別の会社に雇われるのではなく自分で収入を得るというような目的のためだけであれば、何も会社設立は必須ではなくその費用も発生しないということです。

これはどういうことかというと、とくに難しく考える必要はありません。どんな人でも、例えばインターネットのオークションで物を売ってお金を得たりした経験は持っているのではないでしょうか。

この他にも友人知人に望まれるようなサービスを提供して対価を得るなどというケースも考えられるでしょう。こういう場合、何も費用を支払って会社設立した上で行っているわけではないはずです。

このように、何らかの商売、事業運営をしようとする場合に、会社がないとできないということは全くありません。

自分一人の力で行っても全く構いませんし、家族や親しい友人などと一緒に仕事をするような場合でも、関わる人間が1人ではなく2人以上になれば会社を設立しなければならないといった決まりは一切ありません。

会社設立には費用がかかるという現実もありますから、とくに最初のうちは、最終的に会社を設立することを夢として持っているとしても、まずは個人的に始めてみるのも良いでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です