Skip to content

会社設立に必要な費用

自営業で仕事をしている人は、株式会社設立をしたほうがメリットがある場合があります。

以前は株式会社設立のためには資本金1000万円以上が必要であり、かなりの費用を用意する必要がありました。有限会社でも会社設立のためには資本金300万円以上を用意しなければならなかったので、費用面から見た会社設立のハードルはかなり高いものとなっていました。

しかし、会社法が改正され、株式会社の最低資本金が0円でも設立することができるようになったので、会社設立の際に用意する必要がある費用はかなり少なくなり、設立しやすくなりました。

株式会社を立ち上げる際には、法務局に設立登記申請をする必要があるので、費用として登録免許税などの実費がかかる程度です。登録免許税はそこまで高額にはならないので、以前に比べると設立しやすくなりました。

商業登記申請を自分で行うことも無理ではありませんが、必要な書類を揃えたり、不備がないように申請書を作成するためには司法書士に業務をお願いしたほうがスムーズにできます。

必要な報酬額は依頼先によって違っているので、出費を少しでも安くしたいという人は、報酬額によって依頼先を選ぶと良いでしょう。

会社を設立する際には会社定款を作成する必要があり、公証役場で認証を受けることも必要なので、そういった費用も用意しておくことが必要です。

定款作成については、弁護士事務所や行政書士事務所などが業務を行っています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です