Skip to content

会社設立にかかる費用について

会社設立にかかる費用は、会社の形態によって変わってきます。

会社の形態として代表的なものには株式会社と合同会社の2種類が存在します。以前は、有限会社というものもありましたがこちらは2006年に廃止されたため有限会社で新規に設立することはできなくなっています。

株式会社を設立する場合の費用は、定款認証が5万300円で登録免許税が資本金2142万円以下に該当する場合15万円となり合わせて26万円くらいです。

一方、合同会社は定款認証が一切かかからないほか登録免許税が資本金857万円以下の場合では約6万円ですんでしまいますので、比較的会社設立のハードルは低いといえるでしょう。ただ、合同会社は株式会社と違ってやや知名度が低くまだこれから伸びる余地がある形態といえます。

それでも、あと数年経過すればよりメジャーな存在として定着していくと見込まれています。ただ、ここまで書いた分は投機にかかる値段であり実際の会社運営や準備にはさらに多くの資金が必要になることを覚えておきます。

例えば、オフィス用品をどうやってそろえるかや事業スペースとなるテナントや土地・あるいはスペースの確保なども必須となっています。これらのことも考慮しながら、実際に事業を運営するためにいくらかかるのかを検討する必要があります。

一人でも会社設立は可能ですが、費用面や税金なども考慮すると経営コンサルタントなどに相談するのが最も確実です。的確なアドバイスをもらうことで、事業計画のイメージがより膨らむためです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *