Skip to content

会社設立費用を削減する

会社設立するにあたってはそれなりの費用がかかるものですが、場合によってはその費用を削減することも可能です。

その削減方法として用いられているものとして電子定款の作成が挙げられます。会社設立時には会社の所在地や目的などの基本的な事項をまとめて文書にする必要がありますが、これが定款にあたります。

定款はこれまでは紙に印刷して作成するのがデフォルトでしたが、現在ではパソコンやインターネットが普及してきているため、電子定款として電子ファイルの形式で作成することも認められるようになりました。紙の定款の場合には印紙税法の規定により所定の収入印紙を紙面に貼り付けなければならず、その分の費用がかかりました。

いっぽうで電子定款の場合は紙ではありませんので、この印紙代の費用が必要なくなることになります。ただし電子定款をつくるにあたっても事前の準備は必要です。たとえば紙の定款の署名捺印に代わるものとして電子署名がありますが、この電子署名を電子ファイルに格納するためには、専用のソフトとカードライターを使います。

もしも持っていなかった場合には、新しく購入しなければならず、その部分の費用が逆に増えてしまうことにもなりかねません。そこで会社設立の手続きを民間に依頼して代行してもらうこともあります。この場合は行政書士や司法書士などの専門の有資格者が関わっていますので、機器の購入コスト削減のほかにもミスの防止という点からも効果があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *