Skip to content

会社設立の費用は事前にまとめておくようにしよう

会社設立に必要になる費用は、自分が設立した会社を決めた後にきちんとまとめておくことが大切です。

例えば、株式会社と合同会社では必要になる会社設立の費用が全く異なります。株式会社では定款認証のための費用で約5万円を払わなくてはいけませんが、合同会社の場合には払わなくても構いません。これは、定款認証の必要性が合同会社にはそもそも存在しないからです。

登録免許税に関しても二つでは異なりますので、まずは自分が設立させたい会社の種類を確定させることが重要です。また、会社設立の手続きではなく会社そのものを成り立たせるための資金も考えておく必要があります。例えば、資本金はその典型といえます。

資本金は、従来までは最低1000万円必要だったのですが、現在では株式会社も0円からはじめることができます。これは、現物出資を利用することによって実現できます。また、資本金を1000万円未満にすると免税業者になることが可能だったり、実は会社設立の費用を小さくできるメリットもあります。

その他の費用としては、電子定款を作成するのに必要な出資です。電子定款は、現実的なモノを準備して書いていくのではなくあくまでもデバイスを利用して作成していくものです。例えば、電子リーダーが必要になったり専用のソフトウェアを使わなくてはいけません。

当然、これらの購入にも資金は必要であるためこれらの準備を怠らないように準備をしておくことです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *