Skip to content

合同会社設立費用について

会社を立ち上げようとする時は株式会社の設立を目指していると思います。

しかし、個人事業からの法人立上げの場合や、飲食店など商品販売を目的としたビジネスをする場合、合同会社設立という選択のほうが良いかもしれません。設立方法が簡単で分かりやすいということが最近合同会社が人気の理由の一つとしてあげられます。

経営者として資金調達、社内のマネージメント、社外との円滑なパイプ作り、資金運用など費用の面でも苦労を強いられる会社経営ですが、まずは会社を立ちあげて一歩踏み出す事が大切です。合同会社設立のメリットですが、設立費用の安さが挙げられます。

しかし、業務を進めていく過程で合同会社を運営していくという事は、意見の対立が起こってしまうと収まりが効かないというデメリットもあります。一緒に働くパートナー選びは慎重に選ぶ必要性がでてきます。会社設立に関する具体的な手順ですが、手続きを始める前に、基本的な項目を決めておきます。

会社の名前や事業目的、本店の所在地など会社設立に関する基本的なことを決定します。次に定款の作成をするのですが、その際に電子定款にすると収入印紙代がかからないので費用の節約になります。次に、登記の書類を作成します。

必要な書類を揃えて法務局で登記をおこないます。法務局で書類申請した日を会社設立としますので、設立日に思い入れがある場合は、当日準備に不備がないように準備しておくことをおすすめします。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *