Skip to content

会社設立の費用を見直そう

会社設立には様々な費用がかかるものですが、その費用について十分な見直しを行うことで効率的な設立が行えるばかりでなくその後の会社の活動においても良い影響を与えることが少なくありません。

そのため、常識にとらわれずに十分に分析を行い、自分にとって適正なお金のかけ方をすることが重要です。会社設立の費用については通常では気がつかない様々なポイントがあります。このポイントを熟知し、しっかりと理解することで経費を削減し効率よく会社の運営を行うことができるようになります。

その中でも最近特に注目されているのが設立に関する手続きに係る諸経費です。これらの諸経費は法律でその金額が決められているため、削減の余地がないと思われていますが実際には考え方を変えるだけで大幅な削減をすることができる可能性があるのです。第一に見直したいのが定款です。

会社設立の際には会社の経営方針や様々な取り決めを行うために定款を設定し、これを届け出ることが必要となっていますが、この届出に際し定款の内部に記載された様々な金額に応じて収入印紙を貼ることで印紙税を納付しなければいけないことが定められています。

その印紙税については金額に応じて法律で決められているため削減することができないと考えられているものです。しかしこの定款を電子定款にすることで印紙税を支払う必要がなくなり、その分の経費を削減することができます。

さらに会社設立に関する様々な書類を作成するにあたり、代行業者に依頼することが多いのですが業者によってはその資料の作成においてさまざまな経費を徴収することが少なくありません。

しかしあらかじめ多くの案件をこなし実績の高い業者であれば下準備ができているので価格が安く作業を行ってくれることが多くなっています。さらに最近では税理士や弁護士が手続きを行ってくれることも多いので有効に利用すると高い削減効果が得られます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *