Skip to content

オフィスレイアウトを変える費用は無駄か?

人は依存する環境によって行動様式や生産性が変化します。

工場ではラインの配置や作業員の作業環境によって生産性が大きく変わります。オフィスで働くワーカーにとっても当然のことながらその環境によって作業効率は変化します。オフィス環境を決める大きな要素としてはオフィスレイアウトがあります。オフィスの位置、デスクの位置、見通しの良し悪しによって当然のことながらメリットデメリットが生じます。

クリエイティブな仕事、ルーティン業務、一人でする仕事、チームワーク重視かどうかなどによって最良のオフィスレイアウトは異なります。オフィスレイアウトが悪いと作業効率は間違いなく落ちます。とある役所では市長の「市民の方に向かって横を向いたり後ろを向いて仕事するのは失礼だ」との鶴の一声で全ての職員が廊下の方に向かってデスクの向きを変えました。

市の業務は多岐にわたりその机の配置が向いてない業務があるにも関わらずです。そのせいで部署によっては効率が落ちました。オフィスを綺麗にして環境を整えるには若干の手間と費用が掛かります。もし大胆に変更するのであればそれなりに費用が掛かってきます。

新しいデスクやキャビネットの購入、ケーブルの引き換え、さらに踏み込めば内装の変更や照明位置の移動など手をつけ始めれば見直せるところはたくさんあります。しかしそれにより職員が気持ちよく働け、意思伝達がスムーズになり、新しいアイデアが生まれるようになれば費用対効果は決して低いものではありません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *