Skip to content

会社設立のための知識を持ちましょう

年収が700万円を超えている個人事業主は会社設立により法人事業に変更した方が節税効果を期待出来ると言われています。

これは従来からも同じことが言えるわけですが、会社法が改正されたことで、法人事業への変更がやりやすくなっています。そもそも、会社設立するためにはいくつかの制約があるため、それを満たしていなければ出来るものではありませんでした。一つに最低資本金がありますが、最低資本金は現代では1円、従来は株式会社であれば1、000万円以上になっていたわけです。

資本金は会社の体力や規模の指標となるものですが、資金が不足していれば当時は設立も出来なかったわけです。さらに、取締役の人数なども3名以上が従来は必要でしたし、会社の中での監査役も必ず1名以上の選出が必須になっていました。会社法が改正された時には、取締役は1名以上に変更され、監査役にはついては任意になっています。これにより1人でも会社設立が出来る時代になったわけです。

他にも制約が緩和されたものがありますが、定款を定める前に行わなければならない類似商号調査や資本金の払い込みを証明するための書類交付なども会社法が改正されたことで緩和されています。類似商号調査は、会社法の改正により廃止になりましたが、現代の会社設立の中ではバーチャルオフィスやレンタルオフィスなどを使って起業されるケースも多く、これらは同一住所に複数の企業が存在するなどからも、同一の社名や事業内容を持つ企業の有無を確認しておくことが安心に繋がります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *