Skip to content

会社設立までの道のり

誰でも簡単に会社を設立できるようになった時代とはいいますが、実際に独立して会社を作る際、必要なものとはどんなものがあるのでしょう。

また、どういった決まりを定めなくてはならないのでしょうか。自分たちの将来のためにも一度確認してみるべきでしょう。株式会社を例にあげるとすると、まずはどのような会社にするかを決めなくてはいけません。まず会社名となる商号を決定し、さらに会社印として印鑑の作成が必要となります。その上で会社の決まり事の原則となる定款を作成するという流れとなるのです。

事業目的や本店所在地など、会社設立に欠かせないものは全てこの定款に記載されます。近年は会社設立の際の費用を抑えるために、定款を電子定款という形式で作成する方法をとるパターンもあります。その後は会社設立に欠かせない法的な申請書類として登記書類を作成します。この際に会社印が必要となるのです。事前に作成しておく意味がここにあります。その後は法務局へ行き、申請を行います。

法務局に登記申請をした日が会社成立日となることも覚えておきましょう。もしここで記載ミスなどがあれば、書類は戻されてしまいます。その後は納税のための手続きとして、本社所在地の管轄となる税務署に行き届け出を行います。このときにもたくさんの必要書類がありますので、チェックが欠かせません。このように、今日からいきなり会社を設立できるというわけではないことを覚えておくべきでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *