Skip to content

会社設立までの道のりとは

近頃は個人で会社を設立するというケースも珍しいことではありません。

ですが実際に会社設立となると、どのくらいの期間がかかるのか、必要な書類にはどのようなものがあるのか等、ほとんど知らないことが多いのではないでしょうか。会社設立は主に設定項目の決定、定款の作成、法務局への登記申請、税務署等への申請が主な流れとなります。まず最初に行うのは、商号などを決める設立項目の設定です。会社設立のためには、事業目的や本店所在地などを決定しておく必要があります。

さらに同時期に会社の印鑑を作成しておきましょう。登記申請の際に必要となります。設立項目を決定したのちには、今後の会社の規則の素地となる定款の作成が必要です。現在はこの定款を電子定款として作成するケースが増えています。定款の作成が済んだのちに、いよいよ法務局への株式会社登記申請書類への記載を行うことができます。定款や会社印などが必要となるのはこの段階です。

また、この申請日が会社成立日となるので覚えておきましょう。提出書類に不備がなければ一週間程度で登記が受領されます。また、登記完了で会社が設立となるのではありません。開業の届け出を税務署や労働基準局など行う必要があります。基本的に本店所在地の都道府県で行うこととなりますので、注意が必要です。これらをすべてクリアすると無事会社の設立となります。申請の際の書類は不備や形式が異なると、返却されてしまいます。スムーズな設立のためには必ず形式等を確認し守りましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *