Skip to content

弁護士の電話代行業務の特徴

最近ではオフィス代行や秘書代行といった業務が非常に注目されています。

起業したばかりの人や効率を重視する場合には出来るだけ少ない費用で企業としてより多くの機能を持つことが対外的に非常に重要で有り、かつビジネスチャンスを効率的に得るためには非常に重要です。弁護士に於いても同様にオフィス代行や秘書代行といった業務は非常に心強いものですが、この場合には基本的には自身が一人で問題解決にあたることが多いため、オフィスや秘書は基本的には電話の受け答えが中心になります。すなわち、電話代行業務が非常に大きな意味を持つものとなるのです。

弁護士の電話代行は、通常の企業の電話代行とは異なり、相手の抱えている問題においてしっかりとその内容を聞き取ることが大切になります。電話をかけてくる依頼者の多くは悩み抜いた末に相談してくることが非常に多いものです。その為、弁護士が不在だからと言って受け答えをきちんと行わなかったりすると、再度掛け直してくるといったことは期待できないものなのです。

遺産相続の相談であればどのような遺産をどの様に相続したいのか、離婚問題で有ればどのような原因でどの程度まで話が進んでいるのか、といった案件固有のポイントをしっかりと聞き取り、弁護士がすぐに対策を立案できるような情報を揃えることが重要になるのです。そのため、弁護士の電話代行の仕事は一般的な企業の電話受付とは異なり、一度の電話でその内容をしっかりと聞きとるという心構えが大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *