Skip to content

弁護士業務における電話対応に適した電話代行とは?

ビジネスの現場において電話の受付業務が占める割合は比較的大きいものです。

これが複数の社員で構成される企業であれば新入社員などが率先して電話業務を行うことで切り盛り出来ますが、一方で弁護士などの士業の場合、少数人数で事務所を構えていたり、駆け出しの弁護士の場合にはたった一人で事務所を経営しているケースも少なくなく、そういった現場では事務所にかかってくる電話に応答できなかったり、取り込み中のために放置してしまう事例も少なくありません。

しかし翻って考えてみると、弁護士という職業はまず一人ひとりの顧客からの相談に親身になって対応してこそ依頼件数の増加やリピーターや口コミでの評価も高まるというもの。仕事の忙しさや対応人数の少なさなどを理由に電話業務をおろそかにしてしまうことは弁護士業務の根幹を見失ってしまうリスクを抱えることにもなりかねません。そういった際に活用したいのが電話代行です。電話代行とは、大企業から中小企業、それに士業や起業家、自営業者などが抱える電話業務に関する対応能力をアウトソーシングで賄ってもらうサービスのこと。

専門業者と契約を交わすと、あらかじめ決められた条件や契約内容のもとで自身が受けることのできない通話が転送され、外部の受付スタッフのもとで応答がなされます。このようにしてかかってきた電話に関して取り逃がすことがないようにしっかりと電話代行がカバーしていくことで、ビジネスの上でも、そして顧客対応の面でも満足度の高い対応が可能となっていくのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *