Skip to content

会社設立の理由について

会社設立を一つの目標に掲げている人もいるでしょうが、そもそも会社設立の理由は何でしょうか。

普通に考えれば、会社員などとして誰かに雇われて給料をもらうのではなく、とにかく自分の力でお金を稼ぎたいということでしょう。もちろんこれが会社設立の主な理由であって全く構わないのですが、実は、自分の力でお金を稼ぎたいというだけであれば会社を設立する必要はないということを知っているでしょうか。ちょっと驚くかもしれませんが、冷静に考えてみればこれは明らかなことです。

例えば、会社員であっても何らかの副業をしている人は最近では珍しくありません。会社が認めているか推奨しているかはまた別の話ですが、勤務時間以外のプライベートな時間を利用して副業をしている人もいるでしょう。そんな人は、会社を設立した上で副業をしているのでしょうか。そんなはずはありません。そんなことをしてはそれこそ就業規則に違反することになるでしょう。

もちろん、本業の片手間としての副業であれば収入もたかが知れており、また月々の収入も安定せず、到底それだけで日々の生活設計を立てていくことなど不可能ということが多いのは間違いありませんが、規模が小さいから可能で、規模が大きくなると不可能といった決まりなどありません。片手間にやっている副業が別に会社を設立して行うものでないのと同様、仮にいま勤めている会社を辞めてそれまでの副業に専念することにしたとしても、別に会社など設立することは必須ではないのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *