Skip to content

会社設立の際の社名について

会社設立に際しては、会社名(商号)を決めなければなりません。

基本的に名前は自由につけることができますが、いくつかルールがあるので気をつけましょう。また会社名は一度決定した後は、そう簡単には変更することができませんから、事前にじっくり考えてつけるべきです。会社の名前に使える文字は決まっていて、ひらがな・カタカナ・漢字はもちろん使えますし、アルファベットや数字も大丈夫です。さらにカンマやハイフンやピリオドなどの記号も使えますが先頭には使えません。

同じ住所に同じ社名の会社は存在できないというルールもあります。同じ住所に同じ名前の会社があるというケースは、従来ではあまり想定できないことでしたが、最近はバーチャルオフィスを使って会社設立をする人も増えており、そのような場合だと名前が重複してしまう可能性もなきにしもあらずでしょう。バーチャルオフィスなどでの会社設立を考えいている場合は、事前にしっかり同名の会社がないかを調べておいた方がいいかもしれません。

住所が完全に同一でなくても、近くに同じ会社があるのはまずいでしょうし、たとえ離れていたとしても、やはり既に同じ社名がある場合は避けた方が無難です。下手すると訴訟などに発展する可能性もありますし、ドメインの取り合いに巻き込まれたりすることも考えられます。ドメインとはWEBサイトの住所みたいなものですが、インターネット時代においては、社名でドメインが取れるかをチェックしておくのも大事なことです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *