Skip to content

会社設立にあたっては

会社設立にあたっては、自分のやりたいことが本当に会社設立しないと達成できないことなのかを考えておく必要があるでしょう。

どんな仕事であってもだいたいそうですが、別に会社設立しないと独立できないわけでは決してありません。個人事業主という言葉を聞いたことのある人も多いでしょうが、これは個人として事業を営んでいる人、つまりとくに会社を設立することなく事業を行っている人のことです。どんな人であっても、例えば親から家業を受け継いでいるなどということでもない限りは、最初から会社が作られているような人はいないでしょう。

そういう意味では、先に会社ありきではなく、最初にあるべきものはまずは仕事、事業のはずです。そして、幸いなことに個人の資格でも事業は営めるのですから、何か特別な理由がない限りはまずは個人事業主として始めるというのは自然な流れでしょう。では、どんな場合に個人事業主ではなく会社設立を考えるべきなのかという問題にぶつかります。これはいろいろな要素が絡みますが、一つ言えることは税金です。

個人事業主の場合にかかる税金は基本的に所得税ですが、会社の場合は所得税ではなく法人税となります。この2つは単純比較できるものではありませんが、だいたい所得が500万円から600万円を越えるようになってくれば、法人化して所得税の代わりに法人税を納めるほうが税金の負担は少なくなります。このあたりが一つの目安と言えるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *