Skip to content

会社設立にあたってのメリット、デメリット

現代は空前の起業ブームと言われているように、日々、新たに立ち上げられる会社の数が増加しています。

この背景としては政府が起業を支援しているという事もありますが、会社設立の際の諸手続きを代行する会社も増えているので、昔ほど会社を立ち上げるという事は難しくは無くなっているのも影響しているようです。その反面、事業内容によっては法人化する必要がなかった個人事業主が、儲け主義の代行会社にあおられる形で会社設立に乗り出し、結果的に経済ピンチに追い込まれ廃業するに至っているケースも多いので注意が必要です。

会社設立のステップ自体は、代行で登記などの手続きをしてくれる専門家に依頼すれば簡単に実現できますが、会社と言うものは立ち上げてから持続させることこそが目的なので、事業内容や今後の計画などを吟味し、本当に法人化する必要性があるのか否かしっかりと見極めましょう。取引相手が企業になる、大きな資金を銀行から融資してもらわなければならない、といった場合には法人化することによるメリットは十分にあり、個人よりも株式会社と言う確固たる信用がつきます。

ただし会社を立ち上げるとその後さまざまな費用が発生していくことは言うまでもありません。それは儲けが出ている、いないにかかわらず支払わなければならない費用で、例えば年間最低でも7万円ほどの税金を納めなければならないし、社会保険への加入も義務付けられています。立ち上げ時のみにかかるコストだけではなく、以後いくらかかるのかきちんと理解しておくようにしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *