Skip to content

小さなお店などでも会社設立し、体制整えが大事

どんな小さなお店でも、きちんと会社設立し体制を整えることが、永続的な維持・発展には欠くことができないものということができます。

気の合った女性同士で手作りの小物を販売するお店を開いたり、ちょっとしたランチと飲み物を提供するところをつくったりというようなことはままあることですが、それでも会社設立し体制を整備することがおすすめです。会社設立というと株式会社というようなイメージになりがちですが、そこまで行かなくて個人事業主登録ということでも構いまえん。何がポイントかというと誰がその代表者であり、会社としての権利義務を持ったり負うか、そして肝心な意思決定権はどうかなどを明確にしておくということです。

そして一緒に働く仲間たちはどんなに仲が良かろうと、経営者として一翼を担ってもらうのか、労働者として働いてもらうのかなども、きちんとしておくことが大切なのです。もっと言えば契約書や労働契約書の締結あるいは就業規則の制定などをしておくことですし、処遇に関する取り決めも明確にしておかなければなりません。

軌道に乗っているとき、右肩上がりで業績が伸びているときは、どのような問題も解決が簡単ですが、逆風のときはそうはいかないで、もめ事やとだトラブルが多くなります。そうしたときに単なる仲間同士という感覚では、問題を解決できないで、こじらせてしまうことも多くなるのが一般的だからです。だからこそ最初が肝心であり、スタート時点でしっかりと体制整備をしておくべきなのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *