Skip to content

会社設立と種類について

会社設立とは、営利を目的とした事業を始める創業とは違い、事業の内容に関係なく会社などの法人を作ることをいいます。

法人を作るためには、法務局への登記が必要にな理、個人事業主の時は開業届けを出すだけで完了しますが、法人の場合は、定款の作成と登記が必要になります。手続きは、煩雑になりますが法人化することにより個人事業主の時よりも会社設立の方が信用は上がり様々なことが有利になります。例えば、金融機関から融資を受ける際、事業所の契約をする際には特に有利です。さらに節税の面でも、様々なものが経費として計上できます。

会社設立を考えるときに、法人を作ることになりますが、法人にはいくつかの種類があります。一般的には、私法人の中から最適なものを選び設立することになります。その中でも多くの人は、株式会社・合同会社・合資会社・合名会社この4つから選ぶことになります。株式会社は、株式を発行してたくさんの人からお金を集めて事業を行う方法です。株式会社の利益配分と意思決定が株主主導になるため、経営の自由度は下がってしまいます。

合同会社は、小規模事業を法人化するときに使われ、ランニングコストの低さがメリットです。合資会社は、出資した金額以上の会社の債務を無限に負う無限責任社員と出資した範囲内で責任を負う有限責任社員で構成される会社で、株式会社より簡単に安く設立することができます。そして、資本金の制度がないため、信用・労働・現物出資でも設立できます。合名会社は、合資会社のメリットデメリットとほぼかわら図、1名以上の無限責任社員が必要です。ですが、現在この形式で設立する人は少なくなっています。自分に適した方法で会社の設立することになります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *